[ カテゴリ: MRプラン > 技術的なご質問 > その他のご質問 ]

メールの送信トラブル

まず、「Outbound Port25 Blocking」の制限にかかっていないかを確認して下さい。

一部のプロバイダでは「Outbound Port25 Blocking」という迷惑メールの送信を制限する方法を導入している場合がございます。ご利用されているプロバイダがこの仕組みを適用した場合、プロバイダの送信サーバー以外からはメールの送信ができなくなります。

この場合には、送信サーバーをプロバイダの提供の送信サーバーに変更することや、サブミッションポート(587番ポート)をご利用することで問題を回避することが可能です。

サブミッションポートをご利用する場合は、SMTP AUTHの設定例をご参照下さい。
※ポート番号を587に設定した場合は、 [このサーバーはセキュリティで保護された接続が(SSL)必要] にチェックを入れる必要はありません。
※Outbound Port25 Blocking の詳細に関しましては、ご利用のプロバイダーにご確認下さい。


SMTP-AUTH設定方法

[Windows Outlook 2000・Outlook Express 5.0/6.0について]

1. メールソフトを起動後、メニューバーの「ツール」から「アカウント」を選択して下さい。
2. SMTP AUTHの設定をするアカウントを選択し、【プロパティ】を選択します。
3. 【サーバー】のタブを開き、送信メールサーバーのすぐ下にある、「このサーバーは認証が必要(V)」にチェックを入れます。チェック後、右側の設定ボタンを選択します。
4. 【送信メールサーバー】のログオン情報は、【受信メールサーバーと同じ設定を併用する(V)】にチェックを入れます。チェック後、【OK】で閉じて下さい。
5. 【詳細設定】のタブを開き、送信メール(SMTP)のすぐ下にある、「このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要」にチェックを入れます。送信メール(SMTP)のポート番号が465になります。
6. 【適用】を選択後、【OK】で閉じて下さい。
※SSL の証明書はお客さまドメイン名ではなくサーバーで発行されたものを利用します。そのため送信をすると警告ウィンドウが表示されますが、「はい」を選択して頂くことでそのまま送信が可能です。




情報はお役に立ちましたでしょうか?
以下は同じカテゴリ内にある情報です。合わせてご参考ください。

[ カテゴリ: MRプラン > 技術的なご質問 > その他のご質問 ]


IRCサーバ(ircd)としての運用について
ウェブホスティングプランのDNSサーバ名について
サイトへのアクセスエラーについて
1ドメインに複数のFTPアカウントを設定するには
FTPにてアップロードが拒否されてしまう場合
MySQLへの接続方法
FrontPage extensionsのご利用について
Webalizerでのトラフィックのレポートについて
ウェブメールへのアクセス方法
CGIスクリプトの起動エラーについて
サブドメインでメールを利用するには
ディスク使用量の確認方法
DNS反映前にFTPを使うには
FTP接続は出来るが、httpdocsフォルダが見つからない場合
CGIの設置について
CGIを実行するプログラムパス
メールの送信トラブル
ドメインの追加方法
コントロールパネルのアクセスレベルについて
FTPへのログイン方法
ドメインのFTPアカウント設定について
ウェブサイトが表示されない場合
www.ドメイン名でウェブにアクセスできない場合
DNS切り替え時の注意点
FTPでアップロードが拒否されてしまう場合
FrontPage extensionsの利用について
Perlの利用について
Sendmaiの利用について
PostgreSQLについて
MySQLについて
MySQLへの接続方法
Webalizerのトラフィックレポートについて
Webメールへのアクセスについて
PLESKのアンインストールについて