[ カテゴリ: MRプラン > 技術的なご質問 > Movabletypeのインストール方法 ]

4. インストール

 

ここではダウンロードした Movable Type アーカイブをパソコン上で解凍して、サーバーに FTP で転送する方法を説明します。


<アーカイブをクライアント PC で解凍>

Movable Type アーカイブを解凍します。解凍して作られたフォルダの名前は mt や blog など、適当なフォルダ名に変更して下さい。
※このインストールガイドではフォルダ名を[mt]として設定します。


<設定ファイル (mt.cfg) の書き換え>

解凍されたファイルから mt.cfg をテキストエディタで開き、以下のような設定変更を行います。


■MySQL を使用する場合

■14 行目

<修正前>
CGIPath http://WWW.YOUR-SITE.COM/PATH/TO/MT/ 
   ↓↓↓
<修正後>
CGIPath http://www.example.org/mt/
(www.example.org の部分に今回 MovableType をインストールするドメイン名を入力します)


■34 行目

<修正前>
# ObjectDriver DBI::mysql
# Database <database-name>
# DBUser <database-username>
# DBPassword <database-password>
# DBHost localhost
  
   ↓↓↓
<修正後>
ObjectDriver DBI::mysql
Database MySQL123
DBUser MySQL123
DBPassword Mt123
DBHost mysql.example.com



■145 行目

<修正前>
# DBUmask 0022
# HTMLUmask 0022 
# UploadUmask 0022
# DirUmask 0022
   ↓↓↓
<修正後>
DBUmask 0022
HTMLUmask 0022
UploadUmask 0022
DirUmask 0022



■170 行目

<修正前>
#TempDir /tmp/   
   ↓↓↓
<修正後>
TempDir ./tmp/


mt.cfg に関する詳細説明は公式マニュアルを参照して下さい。


<ファイルのアップロード>

FTP ソフトで「mt」フォルダごとファイルをサーバに転送します。インストール先ディレクトリは「httpdocs」に指定して、「mt」フォルダが「httpdocs」の下に置かれるようにします。
ウェブログの公開 URLはインストール後に設定を行います。
※このインストールガイドではFFFTPを利用します。


<ディレクトリーの作成>

FTPでファイルのアップロードができたら、サーバ上に、以下のディレクトリーを追加作成します。Movable Type の初期状態で存在している docs/ extlib/ images/ と同じ階層に作成します。

MySQLを使う場合
tmp/

 


ffftpスクリーン



<パーミッションの設定>

以下の .cgi ファイル (13個) のパーミッションを 751 に変更します。

  • mt.cgi

  • mt-add-notify.cgi

  • mt-atom.cgi

  • mt-check.cgi

  • mt-comments.cgi

  • mt-config.cgi

  • mt-db2sql.cgi

  • mt-search.cgi

  • mt-tb.cgi

  • mt-testbg.cgi

  • mt-upgrade.cgi

  • mt-view.cgi

  • mt-xmlrpc.cgi


デフォルトは、[644]になっているので 644→751 に変更します。

上のチェックは特に変更する必要はありません。

 


パーミッション設定



>>「システムチェック」に進む

 

 

Movable Typeの入手 >Movable Typeのインストール >Movable Typeへのログイン


 

情報はお役に立ちましたでしょうか?
以下は同じカテゴリ内にある情報です。合わせてご参考ください。

[ カテゴリ: MRプラン > 技術的なご質問 > Movabletypeのインストール方法 ]